ヤマハなどで教えるのなら、N掘は良いと思います

N掘講師のメリットは、そのメゾットが分かれば、採用率は高いという講師としては問題ない話だと思います。
講師に定年も肩書きも、それ程重要ではないです。
勿論専門や音大は出た方が良いとは思いますけどね。

因みに、広く覚えたいなら、国立音楽院の方が良いと思います。
前書いたのですが、学生さんの演奏を聞いて、レベルの違いを感じました。
ゆずのサブリーダーさんが出た事で有名ですが、夏色とか聞いていると、雑多に覚えるより、弾き語り中心に覚えた方が良いと思うこともあります。

メーザーだとか、演奏専門の学校で、足りない部分を覚えてから、講師としてのスキルを身につけるのも、手段だと思います。
後、ポピュラー楽器の講師は、普通の音楽教室でも可能です。
有名なヤマハとかは超初心者向きですから、それならN堀のように、広く雑多で、講師スキルを身につける分には、良いのかもしれませんね。

まあ教えるのが上手い下手は、その人のモチベーションですよね。短気だったり、ただ説明して終わりというのは、成功しないパターンです。
因みに以前、講師は何をやっているのかというと、弾きたい楽譜をこう弾くのだとかそういうレベルなのだそうですよ。
ヤマハも独自に教え方をしていますけど、演奏技術はそれ程高くないので、国立音楽院か、N掘、どちらでも失敗はないと思います。

コメントを残す

2015年7月27日

Posted In: 未分類

Leave a Comment